alt5番目

変わりつつある

緑に覆われた窓

外壁塗装リフォームという言葉を知らない人がいないほど全国的に今や有名になっています。外壁塗装リフォームとは、古くなった家の外壁を買った時の状態に戻すことを意味します。かつてはリフォームをする人が少なかったのですが、リフォームを選択する人が多いのです。 さて、そんな外壁リフォームですが、実際にリフォームをするといくらぐらいになるのでしょうか。 個々では例として普通の大きさである建坪30坪の木造2階建てで考えてみた意と思います。この大きさの家であれば全面リフォームをするとなるとおよそ50万円から100万円ぐらいにはなると言われています。もちろんどんな素材のものを使うのかにもよりますが、大体そのぐらいの価格になります。

歴史的に見ても、最近の外壁塗装と似た様なものになったのは今から30年以上前です。当時はまだアクリルなどの塗料が出回っていましたが、今のような進化したものはありませんでした。 やがて、外壁塗装は住宅の寿命にも関わってくると広く知られた時に、フッ素時計の塗料などが増えだします。これにより、今までアクリル系の塗装では 8年程度の寿命しかなかったものが、大きく寿命を延ばして20年近くの寿命になるのです。 さらに最近は、断熱や遮熱の塗装が注目されています。地球温暖化に伴い、できるだけ私たちもエコロジーについて協力をすると考える時に夏場のエアコンの設定温度が28度程度と言われています。断熱や遮熱の塗装をすると、室内が熱くなりにくく、割と低い温度でも快適に過ごせるのです。