alt5番目

今後の外壁塗装

作業をしている男性

外壁塗装は家の進歩とともに成長をしてきました。外壁塗装の重要性は何と言ってもその家の寿命を延ばすことですが、この寿命を延ばすことに新しい価値観が生まれているのです。 今までの木造住宅は長くて30年ほどしか持たないと言われていました。これは国の定めた木造建築の法定耐用年数が30年ということを根拠に言われていることが多いようですが、実はこの法定耐用年数にはそれほど深い意味はないようです。何故なら実際に100年前の木造住宅が全国にたくさん存在するからです。 外壁塗装も家の耐用年数を伸ばすために重要な役割を果たすのです。昨今の傾向としてはエコロジーの考え方が根付いています。一度建てた家も30年ではなく50年でもそれ以上でも持たせるために外壁塗装を利用する人は増えてくるでしょう。

ただし、いくら家の寿命を延ばすことが今後のトレンドになるといっても外壁塗装をするという点と、家の寿命が延びるという点を線で結びつけないと意味がありません。一般的な外壁塗装のイメージは、その家の「見た目」ばかりに注目されており、家を守るというその「機能」についてはっきりとわかっている人が少ないのが現状です。 そこでリフォーム会社も家の寿命を長くすることのメリットとその寿命を長くするには外壁塗装が必要不×であるということを宣伝する必要があります。ここ20年ほどはずっと不況と言われていますが、人がお金を出さないのは単に不況だからというよりも、重要性がわかっていないからという面もあるのです。外壁塗装の重要性を訴えることで外壁塗装工事を積極的に利用する人は徐々に増えるていくのです。